伊之助の母と童麿の関係性における考察

伊之助の母と童麿の関係性における考察


引用元:鬼滅の刃

今回の記事では嘴平伊之助の母「琴葉」と童麿(鬼舞辻無惨配下の十二鬼月で上弦の弐)の関係性と、過去に起きた出来事について考察していきます。

童麿といえば朗らかな表情の下に猟奇的な一面を持つ人喰い鬼ですが、幼少期に両親から受け継いだ「万世極楽教(ばんせいごくらくきょう)」という宗教の教祖として多くの信者を従えているという一面があります。

伊之助の母「琴葉」はそんな童麿の宗教の信者でした。
琴葉が夫の暴力に耐えかねて伊之助を抱いて逃げ込んだ先、そこが童麿の寺院でした。

童麿はその頃から既に信者を食べていました。
極楽など存在しない(童麿はそう考えている)にも関わらずそれを信じて童麿にすがる信者を「可哀想に思い」、童麿は信者を食べて体に取り込み永遠の時を過ごさせてあげることで信者を救済できると考えているためです。


引用元:鬼滅の刃

もともと無神論者である童磨ですが、生まれつき瞳の中が虹色で髪の色が白橡色(しろつるばみいろ)だったために両親が神の子として祀り上げ育てました。童磨自身は神の声が聴こえたこともなければ自分が特別な存在じゃないことも自覚していながらも、そう信じている両親を不憫に思いそれを演じ続けてきました。

そんな童麿ですが、明るく朗らかな琴葉だけは童麿にとってお気に入りでした。
そのため琴葉の寿命が尽きるまでは食べずに傍に置いておくつもりだったのですが、童麿が信者を食べていることに気付いた琴葉は童麿を激しく罵り寺院を飛び出していってしまいます。


引用元:鬼滅の刃

森を走り抜け、崖まで追い詰められた琴葉は伊之助の命だけでも助けようと伊之助を崖から落とし海の中に投げ入れました。その直後、琴葉は追ってきた童磨に食べられてしまいます。

伊之助の母「琴葉」と童磨の関係性は「教祖と信者」であり、結果的に童磨は伊之助にとって「母の仇」だったということです。

童磨のプロフィール


引用元:鬼滅の刃

童磨は十二鬼月の中の「上弦の弐」の鬼で、扇を振って氷の血気術を使います。
いつもニコニコしているが喜怒哀楽の感情がなく残忍。
上弦の参の鬼「猗窩座(あかざ)」を一番の友人だと勝手に思っている。
表の姿は万世極楽教という宗教の教祖。

鬼舞辻無惨との戦いのシーンで主に登場するが、最初の登場は96話で上弦の陸の鬼である妓夫太郎(ぎゅうたろう)が人間だった頃の回想シーン。遊郭で客の侍の目をかんざしで刺した梅(妓夫太郎の妹。のちに上弦の陸「堕姫(だき)」となる)が逆恨みで焼き殺されそうになっていたところを助けた妓夫太郎だったが、侍に兄妹もろとも殺されそうになるシーンがあります。

そこへ、死亡した女性を食べていた童磨が偶然通りかかり、不憫に思った妓夫太郎と梅に血を分けて鬼にします。この時の童磨は上弦の陸でしたので、その後多くの人間を食べて力をつけて上弦の弐まで昇りつめたのでしょう。


引用元:鬼滅の刃

上述した通り童磨は生まれつき瞳の色が虹色で髪の色が白橡(しろつるばみ)色だったため、両親が神の子として祀り上げ万世極楽教の教祖として育てられます。

ちなみに白橡(しろつるばみ)色とは橡で染めた白茶色に近い色のことです。橡とはいわゆるドングリの古い呼び方で、この橡を煎じて染めた黒茶の衣類は、古来から身分の低いものの衣服や喪服としてのみ使われてきたそうです。

その一方で童磨の父親は多くの信者の女性と関係を持ち、それを知った母親は激高し父親を殺して自らも自害してしまいます。両親の死を目の当たりにした童磨でしたが、両親が死んでしまったこともよりも血で部屋が汚れてしまったことの方が気になってしまうくらい、他社への共感能力が欠如した人間だったようです。

琴葉のプロフィール


引用元:鬼滅の刃

ここまで紹介してきた通り、琴葉は嘴平伊之助の母親です。
夫と姑の暴力から家を飛び出し、童磨のもとに逃げ込みます。
万世極楽教の教祖として崇めていた童磨が鬼と知り、伊之助を抱いて童磨の元から逃げますが崖に追い詰められて最後は童磨に食べられてしまいます。この時崖から海へ投げ出された伊之助はその後イノシシに育てられることになります。

悲劇の死を遂げた琴葉ですが、残忍であるはずの童磨からは特別寵愛を受けていました。
童磨はその理由を「心のきれいな人をそばに置いておきたかったから」としていますが、琴葉をいじめた琴葉の夫や姑を殺した点を考えても、何かしら特別な感情があったのではないでしょうか。

恐らく、幼くして教祖として育てられ親の愛情を知ることなく育った童磨にとって、伊之助に惜しみなく愛情を注ぐ琴葉の姿が己の求める愛情や絆と重なったからなのではないかと推測されます。

そう、家庭環境に恵まれなかった琴葉にとって伊之助は唯一の救いだったのです。

伊之助が胡蝶しのぶと「ゆびきり」をするシーンがありますが、伊之助にとって「ゆびきり」とは母の記憶そのもの。なぜなら琴葉が伊之助に子守歌や「ゆびきりげんまんの歌」を歌って聴かせていたことが伊之助にとって失っていた母親の唯一といってよい記憶だからです。


引用元:鬼滅の刃

こうしたことから、伊之助にとって胡蝶しのぶは母親の面影を投影する存在だったようです。
このことは、無限城での戦いで胡蝶しのぶが童磨に殺されたことを知った伊之助の怒りからも推測できます。
もしかしたら胡蝶しのぶは琴葉と似た部分が多いにあるのかもしれませんね。

死に際の童磨が幻の中で胡蝶しのぶに求愛のようなセリフを言うシーンからも、どこかで琴葉の面影を感じたのかもしれません。

伊之助の母と童麿の関係性における考察まとめ

伊之助の母である琴葉と童磨の関係は、実はとても物悲しいものなのかもしれませんね。
いくら童磨といえども、他者への共感力を持ち合わせていなかったことや両親から教祖に担ぎ上げられたことは不可抗力であるといえます。

そんな童磨が親子の愛情を感じた琴葉を生涯そばに置いておきたいと感じたということ。

しかし自分が鬼と知られたからには生かしておくことはできなかった。。
それは、極楽を信じる他の信者に対する童磨なりの愛情だったのかもしれません。
なぜなら他の信者は自分が食べて取り込むことで永遠に生きられるということを信じていたわけなのですから。

最期はそんな琴葉の息子である伊之助にとどめを刺されてしまうという結末は、なんともいえぬ悲しさです。。

◆こちらのブログの人気記事◆
➡︎君の名は三葉バスケ乳揺れ!カップは何サイズ?