君の名は 聖地東京 階段の場所は四谷の須賀神社

君の名は。の人気に伴い、映画の舞台となっている場所(聖地)を訪れる旅が
大変な人気になっていますね^^

今回は君の名は。の中でも印象的な聖地として人気となっている
東京のスポットで、物語の中でも重要な場所として描かれている
須賀神社の階段について紹介していこうと思います。

君の名は 聖地 東京 須賀神社の階段

君の名は。を見れば絶対に行きたくなってしまう聖地の一つ、
東京都内にある須賀神社。そしてここの階段。

須賀神社の住所は東京都新宿区須賀町5番地。
東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」を降りて地上に出ると国号20号線という
片道4車線くらいの大通りに出ます。

須賀神社への行き方としては下の地図でいうと外苑東通りを南下して
「左門町」という交差点の路地を左に折れて住宅街をまっすぐ進んでいくと
須賀神社周辺にたどり着きます。

あるいは20号にある「津之守坂入口」という交差点から南に入っていくルートもあります。
ここから入っていくと一気に下りになっていて、
須賀神社にたどり着くとちょうど正面にあの階段がありますので、
こちらのルートの方がいいかもしれないですね。

もしくは、外苑東通りをずっと南下していくと実は「信濃町駅」です。
主人公の瀧が住んでいるエリアであり、歩道橋やドコモタワーの遠景が見えるのも
信濃町駅周辺ですので、先にこちらに行くか、それか須賀神社の後に
信濃町に行くのでもいいですね。

国道20号と外苑東通りはかなりの交通量で人の往来も多く賑やかですが、
須賀神社周辺は住宅やお寺、墓地が密集している閑静なエリアです。
くれぐれも住民の方々のご迷惑にならないように配慮しましょう。

須賀神社についての基礎知識

君の名は。の聖地巡礼東京編とはいえ、須賀神社に行くこともなかなかないと思います。
せっかくなのですから須賀神社がどんな場所なのかを軽く頭に入れてから行きませんか?

それに神社は神様が祀られている場所です。
行くだけ行って参拝もせずでは失礼にあたります。

そもそも「ついで参拝」というのもよろしくないので私の提案もちょっとアレですが。。

私自身もあまり詳しい方ではないのですが、
古事記に登場する「須佐之男命(すさのおのみこと)」が祀られているようです。

古事記はざっくり説明すると日本という国の誕生神話ですが、
須佐之男命は日本という国が誕生するにあたって重要な役割を果たした神様のお一人です。
ヤマタノオロチという恐ろしい大蛇を退治したのも須佐之男命です。
社名の「須賀」は、須佐之男命が出雲でヤマタノオロチを退治した際に

「吾れ此の地に来たりて心須賀、須賀し」

と言ったことから賜った名称だそうです。
そんな須賀神社がなぜこの地にあるのか?
そういうことを考えながら須賀神社を訪れるのも
こうした聖地巡礼の楽しみなんじゃないかなぁと思います^^

新宿って都会のイメージが強いですが意外とこうした場所が多いんですよ。
須賀町や左門町あたりを歩いていてもそんな趣を感じることができると思います。

では今回も最後まで読んでいただきありがとうございます*

➡︎「カメラを止めるな!」観てきました!!